[Xcode]GitLabとリポジトリ連携する方法

ソースコードのリポジトリ管理にGitHubを利用されている方は多いと思いますが、GitLabのこちらの記事での比較を見るとGitLabの方が包括的な管理ができそうです。今回は、XCodeでの開発において、GitLabと連携してみましたので、その内容をご紹介します。 Swift 5, Xcode 12.5.1, macOS Big Sur 11.4 はじめに Xcodeでは、プロジェクト作成時に特段意識しなければローカルにgitリポジトリを作成するようになっています。ただし、共同開発する場合や、不慮のPC故障に備える意味でリモートにマスターリポジトリを備えておくのがよさそうです。一方で、Google Trendsが示すとおり、GitLabはGitHubに比べてまだまだマイナーな部分もあり、世に出回っている情報も比較的すくないところがあります。私の作業ログが参考になれば幸いです。 前提 諸々をいちから説明するととても長くなってしまうため、以下の状態という前提で話を進めていきます。 すでにXCodeプロジェクト作成済み(テンプレートから作成した状態) すでにGitLabアカウント取得済み お試しで作成していたXcodeのプロジェクトをGitLabに登録するようなシーンを想定しています。実際自分自身、本Blog用に細切れでコードを書いていたのですが、せっかくなのでリポジトリで管理してみようと思ったのが一つのきっかけでした。 XcodeとGitLabの接続 GitLabにプロジェクトを作成 通常通り、GitLabにプロジェクトを作成していきます。 https://gitlab.com/projects/new#blank_project Project Nameを入力し、プロジェクトを作っていきます。 GitLabのProjectが無事作成されました。次に、このGitLabプロジェクトとXcodeを接続していきます。 Xcodeにリモートリポジトリを追加設定 ここでは、まずGitLabのプロジェクトで、Clone with HTTPSに表示されるURLをコピーします。このURLをは後ほどXcode側に登録することになります。 次はXcode側の作業になります。登録したいProjectを開き、左ペインの左から2番めのアイコンをクリックしてSource Control Navigatorを表示します。 [Editor]から[Add Existing Remote]を選択します。 Locationを入力する画面が表示されます。ここに先程コピーしたGitLabリポジトリのURLを貼り付けます。 Addボタンをクリックした後、先程のSource Control Navigatorを展開していくと、Remotes配下にoriginが追加されていることが確認できます。 originを選択肢、Xcodeの一番右のペインを確認すると、先程のURLが登録されていることが確認できます。 これで、XcodeとGitLabリポジトリの連携が完了しました。次に、XcodeにGitLabアカウントを追加して、Xcodeを用いてGitLabにPushできるようにします。 XcodeにGitLabアカウントを追加 XcodeのPrefarenceを開き、Accountsタブを選択します。下記画面では、すでに、Source Control AccountsとしてGitLab.comのアカウントが登録されてますが、最初はここが空欄になっていると思いますので、ここに追加していきます。 画面左下の+ボタンをクリックします。アカウントタイプを選択する画面が表示されますので、スクロールしてGitLab.comを選択し、Continueをクリックします。 アカウント情報を入力する画面が表示されます。AccountはGitLab.com用のアカウントを用いますが、TokenはGiaLabにて別途取得する必要があります。 GitLabアクセストークン取得 再びGitLabに戻り、画面右上のアイコンをクリックして、Preferencesを選択します。 User Settings画面に遷移しますので、左のメニューから、Access Tokensを選択しTokenを作成していきます。 ここで、Tokenに名前をつけ、適宜必要な権限にチェックを入れ、Create personal access tokenをクリックし、Tokenを作成します。私は、ここでTokenが作成できなかったのですが、どうやらコンテンツブロッカーが邪魔していたようで、コンテンツブロッカーを無効にしたところ作成できました。ここで作成したTokenを先程のXcodeの画面に貼り付け、Sign Inをクリックします。 Xcodeを使って、GitLabにPush それでは、実際にGitLabにPushしてみます。ファイルを変更すると、右側にMマークが表示されます。今回はこのContentView.swiftをPushしてみます。 XcodeからのCommit and Push手順 対象のファイルを右クリックし、[Source Control]-[Commit “ContentView.swift”…]を選択します。 そうすると、変更内容がレビューできます。 画面下部で、コミットコメントを入れ、(必要に応じて)Push to remoteにチェックを入れ、Commit 1 File and Pushボタンをクリックします。 GitLabで確認 GitLabのプロジェクトを開き、左メニューの[Repository]-[Commits]を開くと、先程のCommit and Pushが反映されていることを確認することができます。 まとめ まず、Xcodeのプロジェクトを作成 次に、GitLabに空のリポジトリのプロジェクトを作成を作成 XcodeのプロジェクトとGitLabのリポジトリを紐付ける (初回のみ)XcodeにGitLabのアカウントを紐付ける 冒頭に記載したとおり、GitLabは機能豊富ながらあまり情報が出回っていないようなので、今後も少しずつ便利そうな機能があれば紹介していければと思います。 関連

[Match Preview]三苫を加えた日本代表U24がどのような布陣を敷き、バージョンアップするのか? 国際親善試合 日本U24代表[JPN] vs アルゼンチンU24代表[ARG]

どうなることやら東京オリンピックという状況ではあるが、それでも2021年夏の開催に順延されて以降、大会の開催そのものについて中止や延期の決定がされない以上準備を進める各国のオリンピック代表メンバー。日本に関してはそもそも開催国枠のための予選免除ということもあり、個人的には過去のオリンピック代表に比べ盛り上がりにはどうしてもかけてしまうなかだが、タレントは豊富なこの世代。中2日でのHome&”Home”という変則でのアルゼンチンU24との2連戦。チームとしては1年2ヶ月振りとなる試合の見どころを探ってみたい。 日本U24代表スケジュール JFAのサイトによると、オリンピックに向けてのスケジュールは以下のとおり。2連戦のテストマッチを3回実施し、本大会に望む格好。その1回目はアルゼンチンU24代表。 http://www.jfa.jp/national_team/u24/schedule_result/2021.html 開催日 試合名 対戦チーム 会場 3/26(金) SAISON CARD CUP 2021 アルゼンチン 東京スタジアム 3/29(月) SAISON CARD CUP 2021 アルゼンチン 北九州スタジアム 6/5(土) 国際親善試合 未定 ベスト電器 スタジアム 6/12(土) 国際親善試合 未定 豊田スタジアム 7/12(月) キリンチャレンジカップ2021 未定 長居球技場 7/17(土) キリンチャレンジカップ2021 スペイン ノエビアスタジアム神戸 7/22(木)-8/7(土) 第32回オリンピック競技大会 未定 東京 JAF公式サイトより 日本チーム J1でスタメンを張る選手だけでなく、海外で活躍する選手も交えたメンバー。海外勢も招集できたということで、ほぼベストの布陣になるのではないだろうか。ただし、Jリーグで得点を重ねている前田大然の負傷離脱は残念。 11: 久保建英 本来は1つ下の世代カテゴリーではあるが、このチームの顔といって過言ではない。クラブチームでは移籍先との相性がなかなか噛み合わない今シーズンだが、このチームでは自身を中心としたチームづくりとなるはずなので、ぜひのびのびとプレーしてもらいたい。本大会含め、自身が「どういうプレースタイルを得意としているか」をこのチームでのプレーで改めて周囲に表現する良い機会になるはず。来シーズンの所属先を占う意味でも、出場時間の少ない所属チームでのプレーより、このチームでのプレーのほうが重要ではないかと、個人的にはみている。 7: 三苫薫 文句なしに、いまJリーグで最も注目されている選手。特にこの1年での成長ぶりは凄まじく、前回このチームではそこまでインパクトを残していた印象はないが、この試合からは久保と並んで、チームのストロングの一つになることは間違いない。 フォーメーション 昨年1月までの活動のなかでは3バック1トップのかたちで挑むことが多かったようだが、昨年末の合宿を経た今回はどうなっているだろうか。素人考えでは、三苫を活かすならLWGに三苫、RWGに久保というかたちを想像してしまう。初戦は田中碧が出場停止ではあるが、三苫、田中、旗手と好調フロンターレから選出されているメンバーが中心になりそうではあるので、フロンターレ同様433の布陣で行く可能性もある。まずは、ボール保持時、守備時それぞれでどのような布陣となるのかを楽しみにしたい。 アルゼンチンメンバー オリンピック代表は若手の有望選手を知ることができることも楽しみのひとつ。アルゼンチンのこのチームで重要そうな選手をtransfermaekt.comから確認する。比較的アルゼンチンリーグ所属の選手も多いため、モチベーションは高くチームに合流しているようにも感じる。 https://www.transfermarkt.com/argentinien-u23/startseite/verein/52540 9: アドルフォ・ガイチ セリエAのベネベント所属のCF。マーケットバリューはこのチームで最も高い9mEURO。なお、日本チームで最も高いのは久保の15mEURO、ついで板倉の3mEURO。セリエAでは交代出場がメインながら5試合で2ゴールと結果を出している。 https://www.transfermarkt.com/adolfo-gaich/profil/spieler/608469 19: アグスティン・ウルシ アルゼンチンリーグのCA Banfield所属のウインガー。LWGが主戦場の模様。 https://www.transfermarkt.com/agustin-urzi/profil/spieler/636441 5: サンティアゴ・アスカシバル ブンデスリーガのヘルタ所属のボランチ。マーケットバリューは6mEURO。2年前は25mEUROの価値があったようだが、シュトゥットガルトから移籍した昨シーズン以降は出場機会に恵まれていないようではある。 https://www.transfermarkt.com/santiago-ascacibar/profil/spieler/423436 フォーメーション 下記サイトの情報を基にすると、4231または442の形となるチームとのこと。9ガイチの中央と、左サイドの19ウルシ辺りが攻撃の軸になってきそう。

Match Review 「大きなビハインドだからこそ、”攻撃による防御”という選択をする勇気と、それを完結するクオリティを出せる選手」2021 J1 #06 北海道コンサドーレ札幌[SPP] vs ヴィッセル神戸[KBE] (Sapporo vs Kobe)

前半何もできないまま、3点のビハインドとなってしまった神戸。過密日程のなか、モチベーションの維持も難しいゲームとなったが、最終的にはそれを跳ね返す、まれに見る逆転勝利を呼び込んだ。両チームとも、どのようなシステムで望んだのか?

Match Preview 2021 J1 #03 浦和レッズ [URW]vs 横浜FC[YFC]

みどころ 未だ勝利のない両チーム。なんとか勝利を掴んで浮上のきっかけを作りたいところ。なお、スプリントや、走行距離に関しては対称的な両チーム。この傾向をチームカラーとみるか、改善点とみるかというところも注目したい。 チーム平均走行距離 8位:横浜FC14位:浦和レッズ チーム平均スプリント回数 5位:浦和レッズ 16位:横浜FC(小川は試合別スプリントでリーグ全体で4位、9位を記録) https://www.jleague.jp/stats/ 浦和レッズ 前節からの流れ 前節は、アタッキングサードまではボールを運べるものの、その先、フィニッシュに至るところで手詰まりしているようなところも見受けられた。新監督を迎えたシーズンというところで、まだ時間がかかるのかもしれない。 浦和は5レーンを広く使えるか?がポイント 浦和は攻撃力のある両SBを高い位置に配置できるかがポイントになりそう。ボランチのサリーダで3バックでビルドアップできる形ができれば、横浜FCのマギーニョの上がりも抑制でき、押し込む展開にできそう。前線での5レーンを広く使えるか 横浜FC 前節からの流れ ルヴァンカップでの勝利を挟んで迎えた前節は開幕節からメンバーを大きく入れ替えて臨みながら、ディフェンスラインに少し不安定さを感じさせた。とはいえ、後半は無失点で切り抜け、開幕節の大量失点の状況からは徐々に改善されているともいえる。前節では後半終了間際に同点ゴールと思われたシーンがVARで取り消されるなど不運なところも。 横浜FCは、右サイドから、中央のクレーベという形をどれだけ出せるか?がポイント CFクレーベの高さ強さはJ1でも十分通用するレベルのはず。小川のスプリント、運動量に後押しされ、RSBマギーニョがセオリーの4バック裏のスペースをつくことができ、質の高いクロスを上げることができれば、クレーベのシュート。あるいは、セカンドボールを中盤で奪っての二次攻撃という展開にできるはず。 まとめ 過密日程のなかで、結果としては悪い流れで序盤を戦うことになっている両チーム。この一戦でまずはその流れを断ち切りたい。 明治安田生命J1リーグ 第3節2021年3月10日(水)18:00KO埼玉スタジアム2002 jleague.jp

マッチプレビュー 2021 J1 #02 FC東京 x C大阪

この試合に向けての流れ ACLの関係でミッドウィークに試合を行った両チーム、中2日で本戦を迎えている。C大阪の大久保はやべっちスタジアムで以下のように語っていたとおり、かなりの意気込みで開幕を迎え、それが結果に結びついている。昨シーズンJ2の東京Vでも思ったように出番がもらえず忸怩たる思いがあったはず。 試合開始前には緊張しないが、今までで2回あった。1回目はスペインでのデビュー戦。そして2回目が今季の開幕戦。この開幕戦で結果を出さないと、もう出番がないと思っていたから。 やべっちスタジアム 2021.2.28 直近の勝敗 FC東京は1勝1分、C大阪は1勝1敗とまずまずの立ち上がり。 フォーメーション観点 FC東京433、C大阪442という予想フォーメーション。C大阪は両SBが高い位置を取り、攻撃参加することが多くなるはずだが、その裏をレアンドロや田川が狙う構図になるはず。C大阪の両SH坂元、清武はいずれもWG的な働きを得意とする攻撃的な選手。そうなってくると、奥埜、原川というダブルボランチがFC東京のカウンター予防として両サイドの守備に回ることが想定される。 マッチアップ 以下のようなマッチアップになりそう。FC東京 DMFアルトゥールシルバの守備位置でFC東京が受けるのか、フォアチェックに行くのかというタクトが振られるような格好になりそう。アルトゥールシルバのポジション取りには注目してみたい。また、FC東京のベンチにはスピードに長けた永井が控えており、過密日程の中、C大阪の足が止まったころに投入されるとかなり嫌な感じになるはず。 (FC東京有利)FC東京:CB森重、 CB渡邊、DMFアルトゥールシルバ VS C大阪: CF豊川、 CF大久保 (同数)FC東京:LSB小川 VS C大阪:坂元 (同数)FC東京:RSB中村 VS C大阪:清武 (同数)FC東京:東、安倍 VS C大阪:奥埜、原川 (C大阪有利)FC東京:LWGレアンドロ、CF Dオリヴェイラ、RWG田川 VS C大阪:RSB松田、CB西尾、CB瀬古、LSB松橋 まとめ 個の能力としては、若干FC東京有利にも見えるこの一戦。一方開幕から好調を維持しているC大阪の大久保中心に得点を重ねているC大阪。実力チーム同士の一戦、 DMFアルトゥールシルバの働きに注目しつつ楽しみたい。

【J1マッチプレビュー】2021 sec 01 川崎F x 横浜FM

みどころ 川崎の左サイド(横浜FMの右サイド)で、おそらくマッチアップするだろう、三苫vs岩田。昨シーズン大分に在籍していた岩田だけれど、マッチアップとしては1試合のみで、かつ90分フルという形ではなかった。いわゆる”東京オリンピック世代”が対峙するこのサイドの優劣が試合の流れを決めそう。   Home:川崎フロンターレ 前節からの流れ 1週間前のゼロックススーパーカップにおいて、今年もその強さに疑いが無いことを証明した川崎。懸念と観られていた以下の点もそれぞれ問題なく機能していたようにみえた。 登里(怪我による不在) → 旗手 大島(怪我による不在) → 脇坂 守田(移籍)→ 名古屋から移籍のジョアンシミッチとルーキー塚川 ベンチスタートの若手選手も予想以上のパフォーマンスを見せており、中村憲剛の引退の影響も感じさせない。   予想スタメン、フォーメーション 盤石にも見えるが、対戦相手がどのように攻略してくるかに対応できるか?   ゼロックススーパーカップでも抜群の存在感を見せた三苫を、活かしていく形になるだろう。LSB旗手はここまで問題なく機能しているようにも見えるが、仲川相手にやりきれるか。守備重視なら車屋の起用も十分考えうる。       Away:横浜Fマリノス 前節からの流れ 今シーズンの主な移籍は以下の通り。注目は大分から獲得の岩田と、レオ セアラ、エウベルの両外国籍選手だろう。特に岩田は大分では3バックを努めつつ攻撃にも絡むことができる選手なので、横浜FMの新しいカタチを具現化するキープレーヤーになるはず。エリキの穴は大きいが、ここを両外国籍選手や、昨シーズン途中出場することもあった前田、オナイウ、水沼あたりで穴を埋められるかどうか。 IN 岩田(←大分) レオ セアラ エウベル OUT 大津(→磐田) エリキ エジガルジュニオ(→長崎) 朴一圭(→鳥栖) 予想スタメン、フォーメーション 4バックから3バックへ”進化”できるか?戸惑いを露呈するか? 新加入の岩田がどのようなロール、タスクを与えられるか。川崎のボール回しに押し込まれると、3バックとすることで、逆に両WBの攻撃力がそがれてしまうと攻撃が難しくなってしまう。       外部リンク 01 J League Official https://www.jleague.jp/match/j1/2021/022601/preview#preview/ 02 goal.com https://www.goal.com/jp/ニュース/kawasaki-yokohamafm-preview-20210226/wv30gnemz6u21dsxywq29i2s5 03 Soccer-king 【川崎Fvs横浜FMプレビュー】開幕戦のジンクスを打破したい川崎F…横浜FMは苦杯をなめた昨季の雪辱なるか 04 Sports-navi https://sports.yahoo.co.jp/video/player/3924701