札幌 x 横浜FC 2021 J1 #01

昨シーズンからの陣容から大きな変化がない札幌と、前線の顔ぶれを入れ替えて望む横浜FCという対称的な両チーム。札幌は戦術習熟度で圧倒できるか。横浜FCは前線ツートップにJでの実績豊富な渡邊、クレーベが機能するかどうか?背番号10を背負い、中盤で先発出場の中村俊輔のパフォーマンスにも注目したい一戦。

前半

0 – 23 飲水ブレイクまで

立ち上がりのポジション配置。札幌3421に対して、横浜FCは442という構図
事前予想に反して、横浜FCは右斎藤、左小川という左右を逆にしている
  • 2 Goal 1 – 0 駒井
  • 4 Goal 2 – 0 金子
    あれよあれよと言う間に2得点。札幌はいずれもRWB金子の仕掛けからシュートまで行っている。横浜FCとしてはディフレクションが枠に飛んでしまうという不運な面も。
  • 8 札幌:駒井がサリーで最終ラインに入りビルドアップする。その後の展開では宮沢がサリーする形も。

札幌
序盤のRWB金子の仕掛けからラッキーな面もありながら2得点。小柏、金子の右サイドで攻撃が活性化している、小柏はアジリティも高く香川真司を彷彿とさせるプレー。ここまで、かなりテンションの高いプレスを続けていて奏功しているが、このペースでは最後まで持たないはず。セーフティーリードとるまで続けるのか、どこかで切り替えるのか。

横浜FC
中村俊輔のプレースキックからチャンスを作ることができている。一方、中村俊輔の後ろのスペースを活用されてしまう場面もある。前線のツートップはボールが収めることができそうだがその後の展開に工夫が必要になりそう。

24 – 前半終了

  • 28 Goal 2 – 1 クレーベ
    札幌の最終ラインからのビルドアップ。あえて最前線からプレスかけるのではなく、2列目でサイドに追い込みボール奪取。そこからのカウンターが見事にハマった形。横浜FCとしては、前半のうちに1点差に詰め寄ったのはモチベーション的にも意味が大きいはず。
  • 33 金子、小柏のコンビでシュートまで。再三好セーブを見せている六反がここはセーブ。六反の働きも見逃せない。
  • 39 流れの中から、中村俊輔が最終ラインの左サイドに入る形に。右足で逆サイドに蹴ればよさそうなところ、そうせず無理なパスを選択。結果的にショートカウンターを食らう。中央でのプレーならよいのだろうが、左サイドではプレーが窮屈になってしまう弱点を露呈してしまったようにもみえる。
  • 44 Goal 3 – 1 アンデルソン・ロペス
    中距離のワンタッチパスを2つ3つ続け、最後はアンデルソン・ロペスが胸で押し込む。きれいなゴール。
  • 45+3 Goal 4 – 1 金子

Summary of 1st half

札幌
全体的にアグレッシブなプレッシングが見事にハマり、横浜FCの攻撃の形を作らせないところから右サイドの金子、小柏を中心にチャンスメーク。アンデルソン・ロペスのキープ力なども以前より向上している印象も受ける。

横浜FC
安永が時折テンポを変えるワンタッチスルーパスを出す、前線のツートップがターゲットとしてボールを収める、など局面ではよいプレーが見られるが、それらが連動できていない印象も受ける。札幌のプレッシングに苦戦している部分もあるが、裏に抜ける動きを出すなど、もうひと工夫ないと状況の打開は難しいように思える。

2nd half

46 – 65

横浜FCは劣勢に回っていた左サイドの守備にテコ入れ
  • 55 横浜FCは、瀬古をボランチに入れたことで、中村俊輔に比べスピード感のある前線へのボール供給、飛び出しができるようになってきている。一方札幌はこの時間帯まで、前半と変わらないプレッシング強度を維持できており、横浜FCはハーフウェイラインを超えるのも難しくなってきている。札幌の攻撃面では小柏の俊敏性が際立っている。
  • 58 横浜FCは松尾、伊藤翔を投入
  • 65 小柏はプロ初ゴールのGKとの1対1のチャンス決めきれず

66 – 85

  • 69 札幌はルーカスに替えて、菅投入
69minの局面
  • 69 札幌はルーカスに替えて、菅投入
  • 76 Goal 5 – 1 チャナティップ
    駒井が中盤の底からスペースにうまく入り込みながら周りとパス交換し、最前線まで上がる。チャナティップはフリーの状態でシュートが打てる。横浜FCが攻撃時にパスの出しどころを探しつつという流れとは対称的に迷いのないプレーが生んだゴールといえる。
  • 81 札幌 ドウグラス、深井、高嶺投入

83 横浜FC 手塚投入

83minの局面

86 – 試合終了

  • 86
    札幌 アンデルソン・ロペスに替えて小野伸二投入、ひときわ大きな拍手で迎えられる。アディショナルタイムは4分。そのまま、試合終了。
札幌44小野はトップ下にポジション

Game Summary

最終スコア
札幌 5 – 1 横浜FC

札幌のアグレッシブなプレッシングを試合終了まで継続することができた。横浜FCは前半開始早々、終了間際に2点ずつ計4点短い時間で奪われてしまったのが痛かった。札幌はやりたいことがすべてできたような会心の試合ではないだろうか。

横浜FCは高さと強さのあるツートップを活かしきれなかった。新戦力が多い中で習熟度の高い札幌に局面局面で後手に回ってしまったと思う。 札幌の駒井は、ドリブラーだった以前のイメージに加え、ボランチの位置でサリーしたり、飛び出したりとかなり試合巧者としての地位を確立できていると感じた。金子、小柏といった大卒2年目選手もストレングスをいかんなく発揮。福森も相変わらず精度の高いキックで攻撃を演出、アンデルソン・ロペスもゴール前の脅威度がましてきている、という感じで、今年の飛躍を予感させるゲーム運び。 横浜FCは、この一戦のことは忘れて、切り替えられるかが重要になりそう。

MoM

札幌 深井

Rating

NameRatingComment
駒井7.5最終ラインからの組立て、中盤での繋ぎ、最前線への飛び出しと幅広いエリアで攻撃のアクセントを出す
小柏7俊敏性で個の強みを発揮。金子とのコンビの右サイドは驚異となった
金子7幸運な面もあったが、試合開始そうそうの仕掛けからの2得点は試合の流れを大きく引き寄せた
福森6.5随所に精度の高いフィードを見せる。ゴールにこそ結びつかなかったものの、CKでは好機を演出
札幌 Rating
NameRatingComment
中村5プレースキックでいくつか好機を演出するも、運動量の少なさ、移動スピードの遅さでバイタルエリアを守りきれなかった感は否めない。
安永6数こそ少なかったものの、テンポを変えるパスを出すなど工夫を出すも成果につながらなかった
クレーベ6高さ、キープ力共にチームの戦力として計算はできたが、その後に繋げられなかった。チームとしてクレーベを活かす戦術も必要になりそう
六反65失点も、失点シーンはアンラッキーなディフレクションや完全に崩された場面ばかり。それ以外は多くのセーブを見せていたが、いかんせんチーム全体として決定機を与えすぎた
横浜FC Rating

References

https://www.jleague.jp/match/j1/2021/022701/