Match Review 「ポステコグルー体制4年目の成果。ディフェンスラインの意思統一によるゲームの支配。」2021 J1 #04 横浜Fマリノス[YFM] vs 浦和レッズ[URW]

Jリーグにおいては、中々長期政権を気づけないチームが多いが、4年目を迎えたポステコグルー体制の横浜FMがチームとしての強さを、就任したてのリカルド・ロドリゲス体制の浦和に見せつけた試合。いくつかの特徴的なシーンと共に振り返る。 明治安田生命J1リーグ 第4節 2021年3月14日(日)13:03KO日産スタジアム Lineup ■横浜FM(アンジェ ポステコグルー):4231■浦和(リカルド・ロドリゲス):4231 前半 前線からプレスに行く横浜FM 浦和は、キーバーからのビルドアップ時に、ロングフィードを蹴らずに、DFラインからしっかり組み立てる。横浜FMはそのビルドアップに対して、4枚でプレスにいく。浦和はGKいれれば、5対4で数的優位にたてるが、横浜FMの7:エウベルが、うまくパスコースを消しながらプレスすることで、浦和の1:西川はフィードを蹴らざるをえない状況に。このシーンではフィードされたボールを中盤で横浜FMが拾うことに成功。浦和としては、ビルドアップの起点と、中盤が若干距離が遠いようにも感じる。この後も度々、ビルドアップを狙われ、横浜FMにショートカウンターを許す場面が目立つ前半。飲水タイム明けの最初のプレーでは、一転ロングフィードを蹴るも結果的に、自陣ゴール前に押し込まれる形となり、2失点目を喫してしまう。2得点目以降の28分ごろから、プレスをGKまでかけるのではなく、中盤(浦和18:小泉など)とし、少しプレスのラインを下げている。 浦和の541守備 浦和は、守備時に541で自陣ゴール前をしっかり固めるかたち。横浜FMもサイドを広く使いながら崩しを試みるが、インテンシティの高い序盤では守備を崩せず。 前半まとめ リスクを負って、ハイプレスを仕掛た横浜FMに対して、浦和はそのプレスの網をかいくぐることができず、2失点。浦和は自陣深くの541の守備時においては横浜FMにチャンスを与えなかったが、一方でボール奪った際に相手ゴールまでの距離が遠いこともあり、好機をつくることができなかった。横浜FMの前線の選手の運動量が目立つ前半といえる。浦和は得点を奪うために、どのような工夫をしてくるのか?というところが後半の見どころ。 後半 高いラインでのプレスを継続する横浜FM 横浜FMは前半同様、後半開始早々高いラインからプレスを敢行。浦和は引き続きプレスに苦しむ展開。 442で攻撃の形を変更する浦和 後半メンバを交代し、442で攻める形に変更した浦和。ボールロスト時のハイプレスへの移行がスムーズになる効果も感じられる。 ハイプレスを仕掛ける浦和 浦和は後半は、引いて守るのではなく、前線高い位置からのハイプレスを敢行。しかし、最初のプレスは横浜FMにうまくかわされ、そのまま危険なシュートシーンまで許してしまった。その影響か、2回目以降のプレスはプレスに行く選手とリトリートする選手、スペースを埋めようとする選手、というように意識がずれてしまっているようにもみえた。カメラの画角で捉えていないので不明だが、下図の場面では、浦和:19金子の詰めのタイミングが遅いように写ったが、横浜FMの7:エウベルや10:マルコス・ジュニオールのポジショニングが絶妙で出ていけなかった可能性もある。 後半飲水タイム明け 両チームとも選手を交代し、下図のような布陣に。浦和は再び4231のようなかたちに戻す。浦和18:小泉がサリーダの形でCBの位置に降りてビルドアップするなどなんとか横浜FMのプレスへの対応を苦心するが、中々実を結ばない展開。 試合の分かれ目 最後まで横浜FMのハイプレスへの対策ができなかった浦和。前半に横浜FMの5:ティーラトンが負傷退場するというアクシデントも、むしろ「それでも揺るがなかった」チームコンセプトの浸透度の高さが際立った。浦和も後半、ハイプレスをしかけるシーンもあったが、ボールの追い方、タイミング、場所といったところのチームとしての意思統一がまだできていないような印象もあった。一方、横浜FMでは新加入の7:エウベルがゴールシーンにこそ直接絡まないが、オフ・ザ・ボールでのダイアゴナルランであったり、パスコースを消しながらプレスにいくところなど、はやくもチームに適用できるクオリティの高い選手であることを印象づけた。浦和は敗戦とはなったが、特に後半はいくつか状況打開のためにチャレンジをするなど、チームとしてこれから引き出しを増やしていく局面なのだろう。 横浜FM 浦和3 – 0 3′前田 大然26′前田 大然55′小池 龍太 https://www.jleague.jp/match/j1/2021/031401/live/

Match Preview 2021 J1 #03 浦和レッズ [URW]vs 横浜FC[YFC]

みどころ 未だ勝利のない両チーム。なんとか勝利を掴んで浮上のきっかけを作りたいところ。なお、スプリントや、走行距離に関しては対称的な両チーム。この傾向をチームカラーとみるか、改善点とみるかというところも注目したい。 チーム平均走行距離 8位:横浜FC14位:浦和レッズ チーム平均スプリント回数 5位:浦和レッズ 16位:横浜FC(小川は試合別スプリントでリーグ全体で4位、9位を記録) https://www.jleague.jp/stats/ 浦和レッズ 前節からの流れ 前節は、アタッキングサードまではボールを運べるものの、その先、フィニッシュに至るところで手詰まりしているようなところも見受けられた。新監督を迎えたシーズンというところで、まだ時間がかかるのかもしれない。 浦和は5レーンを広く使えるか?がポイント 浦和は攻撃力のある両SBを高い位置に配置できるかがポイントになりそう。ボランチのサリーダで3バックでビルドアップできる形ができれば、横浜FCのマギーニョの上がりも抑制でき、押し込む展開にできそう。前線での5レーンを広く使えるか 横浜FC 前節からの流れ ルヴァンカップでの勝利を挟んで迎えた前節は開幕節からメンバーを大きく入れ替えて臨みながら、ディフェンスラインに少し不安定さを感じさせた。とはいえ、後半は無失点で切り抜け、開幕節の大量失点の状況からは徐々に改善されているともいえる。前節では後半終了間際に同点ゴールと思われたシーンがVARで取り消されるなど不運なところも。 横浜FCは、右サイドから、中央のクレーベという形をどれだけ出せるか?がポイント CFクレーベの高さ強さはJ1でも十分通用するレベルのはず。小川のスプリント、運動量に後押しされ、RSBマギーニョがセオリーの4バック裏のスペースをつくことができ、質の高いクロスを上げることができれば、クレーベのシュート。あるいは、セカンドボールを中盤で奪っての二次攻撃という展開にできるはず。 まとめ 過密日程のなかで、結果としては悪い流れで序盤を戦うことになっている両チーム。この一戦でまずはその流れを断ち切りたい。 明治安田生命J1リーグ 第3節2021年3月10日(水)18:00KO埼玉スタジアム2002 jleague.jp

【J1マッチプレビュー】2021 sec 01 川崎F x 横浜FM

みどころ 川崎の左サイド(横浜FMの右サイド)で、おそらくマッチアップするだろう、三苫vs岩田。昨シーズン大分に在籍していた岩田だけれど、マッチアップとしては1試合のみで、かつ90分フルという形ではなかった。いわゆる”東京オリンピック世代”が対峙するこのサイドの優劣が試合の流れを決めそう。   Home:川崎フロンターレ 前節からの流れ 1週間前のゼロックススーパーカップにおいて、今年もその強さに疑いが無いことを証明した川崎。懸念と観られていた以下の点もそれぞれ問題なく機能していたようにみえた。 登里(怪我による不在) → 旗手 大島(怪我による不在) → 脇坂 守田(移籍)→ 名古屋から移籍のジョアンシミッチとルーキー塚川 ベンチスタートの若手選手も予想以上のパフォーマンスを見せており、中村憲剛の引退の影響も感じさせない。   予想スタメン、フォーメーション 盤石にも見えるが、対戦相手がどのように攻略してくるかに対応できるか?   ゼロックススーパーカップでも抜群の存在感を見せた三苫を、活かしていく形になるだろう。LSB旗手はここまで問題なく機能しているようにも見えるが、仲川相手にやりきれるか。守備重視なら車屋の起用も十分考えうる。       Away:横浜Fマリノス 前節からの流れ 今シーズンの主な移籍は以下の通り。注目は大分から獲得の岩田と、レオ セアラ、エウベルの両外国籍選手だろう。特に岩田は大分では3バックを努めつつ攻撃にも絡むことができる選手なので、横浜FMの新しいカタチを具現化するキープレーヤーになるはず。エリキの穴は大きいが、ここを両外国籍選手や、昨シーズン途中出場することもあった前田、オナイウ、水沼あたりで穴を埋められるかどうか。 IN 岩田(←大分) レオ セアラ エウベル OUT 大津(→磐田) エリキ エジガルジュニオ(→長崎) 朴一圭(→鳥栖) 予想スタメン、フォーメーション 4バックから3バックへ”進化”できるか?戸惑いを露呈するか? 新加入の岩田がどのようなロール、タスクを与えられるか。川崎のボール回しに押し込まれると、3バックとすることで、逆に両WBの攻撃力がそがれてしまうと攻撃が難しくなってしまう。       外部リンク 01 J League Official https://www.jleague.jp/match/j1/2021/022601/preview#preview/ 02 goal.com https://www.goal.com/jp/ニュース/kawasaki-yokohamafm-preview-20210226/wv30gnemz6u21dsxywq29i2s5 03 Soccer-king 【川崎Fvs横浜FMプレビュー】開幕戦のジンクスを打破したい川崎F…横浜FMは苦杯をなめた昨季の雪辱なるか 04 Sports-navi https://sports.yahoo.co.jp/video/player/3924701

ゼロックス・スーパーカップ 2021 川崎フロンターレ VS ガンバ大阪

川崎F G大阪 Date @Feb 20, 2021 Location 埼玉スタジアム2002 Match URL https://www.jleague.jp/match/fxsc/2021/022001/preview Before Match Home Team 川崎 Away Team G大阪 Timeline 1st half 0 5 20 29 Goal 1 – 0 三苫 34 Goal 2 – 0 三苫 38 43 Summary of 1st half 2nd half 46 12 15 Goal 2 – 1 矢島 18 F 6 → 3, 8 → 22 22 Goal 2 – 2 パトリック PK 23 G 34 → 32, 21 → 9 26 F 9 → 11, 18 → 16 34 35 G 18 → 20 37 F 41 → 19 45 G 10 → 27, F 3 → 7 Additional Time+6 51 Goal 3 – … Read more