Match Review 「ネガティブトランジションの意識付けに見られる相馬新監督の修正優先度」2021 J1 #10 徳島ヴォルティス[TOK] vs 鹿島アントラーズ[KSM]

ザーゴ監督から相馬監督に交代した鹿島アントラーズ。チームとしての問題点がいくつか見えていたとしても、シーズン途中の監督交代(方針転換)は優先度をつけて1つずつ行う必要があるはず。徳島相手に初陣を飾った鹿島アントラーズだが、試合を通じて「ネガティブトランジション」における守備の意識を強く持ってこの試合に入ったのではないかと思う。そのあたり、直前の札幌戦との比較で振り返りたい。 現状の鹿島アントラーズの問題・課題 客観的にみると、現状の鹿島アントラーズには以下の問題や課題があるように思える。それぞれ簡単に振り返りたい。 ビルドアップのかたち 得点力 選手のストロングを活かしきれていないシステム ビルドアップのかたち ザーゴ監督の元では、ゴールキーパーからのビルドアップは、ショートパスを繋ぎ前線にボールを運ぶスタイルを徹底していた。ところが、多くの場合で相手のプレスにつかまってしまい、カウンターを受ける場面が目立っていた。 得点力 第10節を終えた時点で、(この試合での1得点を含め)11得点はJ1で12位。失点も12失点と10位。上田、エヴェラウドという強力FW陣を擁するチームとしてはやはり物足りないところ。得点に関しては、1位の川崎フロンターレが30得点とずば抜けているが、得点力上位7チームが15得点以上しているところからも、優勝を狙うチームとしてはここにもテコ入れが必要そうではある。 選手のストロングを活かしきれていないシステム 前述の得点力にも関連して、鹿島のなかでエヴェラウドというリーグ屈指のクオリティの強さ、高さ、決定力を誇るFWがいまだ2得点。昨シーズン終盤戦では、前線のエヴェラウドを攻撃の起点とするかたちでエヴェラウドを活かしていたようにみえていたが、今シーズンはスペースへのランニングを主体とするスタイルになり、この個性を活かしきれていないように思える。 「まずは守備から」という意識付け 公式リリースはされていないが、何らかの理由でエヴェラウド、ファンアラーノがベンチ外となった本戦。新監督が意識付けしたのは、「守備の意識」という点ではないかと推測する。ボールロスト時(相手ゴールキックになったり、キーパーに保持された時を除く)に攻撃→守備への切り替えが早く、強いプレス強度でボール奪取からのカウンターを狙うかたちが目立った本戦。前節の札幌戦との比較で検証してみたい。いずれの試合も、試合が落ち着き出した前半15分〜前半40分あたりの、事前に準備していたかたちが見えやすい時間帯で比較している。 ネガティブトランジションにおける切替えの早さ 札幌戦 #09の札幌戦では、この時間帯に3回のネガティブトランジションのシーンがあった。3回中1回で即プレスに行く対応をみせた。 時間 ボールロストエリア 1stディフェンスの対応 17:39 センターライン付近 土居、レオシルバはプレスにいかず、リトリートして構える対応 27:49 アタッキングサード ファンアラーノが素早いネガティブトランジションから相手のパスをブロック 33:33 センターライン付近 上田はプレスにいかず、パスコースをケアする 札幌戦でのネガティブトランジション 徳島戦 #10である本戦では、この時間帯に6回のネガティブトランジションのシーンがあった。29:25のシーンは少し微妙ではあるが、ほぼすべてのシーンでプレスに行く構えをみせた。特に30:00のシーンはこの後の2次攻撃で得たコーナーキックから先制点を奪っているため、この守備がくしくも得点力不足の解消にも一役買ったことになる。 時間 ボールロストエリア 1stディフェンスの対応 18:12 センターライン付近 荒木が即プレスに行く 19:02 アタッキングサード 三竿が即プレスに行く 26:00 アタッキングサード ボールロストした荒木がそのままGKにバックパスされたボールにプレスをかける 27:05 アタッキングサード ロスト後相手がクリアしたボールにオーバーラップ気味に町田がプレス 29:25 コーナー付近 土居、永戸はリトリートの対応も、三竿が遅れてプレスにいく 30:00 PA付近 上田のシュートのこぼれ球にレオシルバ、常本がプレス 徳島戦でのネガティブトランジション 札幌戦では、見直してみると鹿島は攻撃がシュートシーンやサイドラインを割るなど、試合が「切れる」かたちで完結することが多く、徳島戦ではむしろ相手に「奪われる」かたちが多かったことが、このネガティブトランジションの回数からも見えてくる。札幌も徳島も異なるスタイルのチームなので一概にいえないが、それでもネガティブトランジション時の切替えについては、この数日間で徹底的に練習してきたことをうかがわせる。 ポゼッションする徳島に対してサイドに追いやる守備 相手がボールを保持した際の守備については、前節と大きく変わらない。中央を固めつつ、ボールがサイドに出たところでMF中心に囲む形。札幌は前線の選手と後方の選手が入れ替わることでこのプレスを突破する工夫があったが、徳島はこのプレスに手を焼くことになった。 相手ビルドアップに対するハイプレス 前半から徳島はGK+3枚の最終ラインでボールを回しながら空きをみつけ前線にボールを運ぶスタイルをみせていた。後半開始早々のこの場面では、ボランチのレオシルバが2トップと共に相手の3枚の最終ラインにマン・ツー・マンでつく形をみせる。こういったアグレッシブなハイプレスはザーゴ監督時代にはみられなかった。 勝負の分かれ目 ポゼッションを重視する徳島は、ディフェンス時にはしっかり引いて守る鹿島の守備陣系をなかなか崩せない。60分のこのシーンなど、ロングフィードもうまく使いながら前線に起点をつくるも、裏抜けする浜下を使うことなく、ボールロストのリスクの少ないバックパスを選択している。このあたりのリスクマネジメントも、やっと来日が叶ったダニエル ポヤトス監督にとっては修正ポイントの1つになってくるのではと思う。 まとめ 鹿島アントラーズ目線でいうと、前節からの変化点は以下。特に、前節精彩を欠いたように写っていたキャプテン三竿のパフォーマンスが向上しているのは好材料になるはず。 エヴェラウド、ファンアラーノの不在 前線からのハイプレス 三竿のパフォーマンス向上 スピードより強さ、上手さに長けるエヴェラウド不在ゆえに、インテンシティの高い守備ができる白崎、荒木を前線に配置できたとも言えるし、ハイプレスからのカウンターという戦術が「構えて守る」というより「ボールを奪いに行く」ことに長けた三竿のパフォーマンスが向上したとも言える。 一方で、前節対戦した札幌に比べると、徳島は前線のキーマンである垣田不在もあり、鹿島のプレスをかわす工夫があまりなかった。いくつか対角線のサイドトゥサイドの大きなサイドチェンジが効果あったが、札幌ほど継続することがなかった点は鹿島としてはやりやすかったように思う。 ザーゴ監督に比べると、ボール奪取する位置が高いところに設定されていて、今日はそれが好循環を生んだ結果。早速3日後に札幌とのルヴァンカップの試合があり、同じチームに対して監督の違いがサッカーの内容がどのように変わるのかは大変興味深い。 参考サイト

Match Review “最強の盾といえる名古屋ディフェンス力の秘密は、ドリブル攻撃にあり” 2021/4/3 2021 J1 #7 Nagoya[NGY] vs FC Tokyo[TOK]

代表ウィーク明けの第7節。名古屋はここまでの6試合での失点がオウンゴールによるわずか1失点と、イタリア出身のマッシモ・フィッカデンティ監督の目指すサッカーが具現化されてきているといいえる。堅守の名古屋に対して、3試合連続ゴール中のディエゴ・オリヴェイラを中心としたFC東京の攻撃陣が得点を奪えるかが注目された1戦はスコアレスドローという結果に。両チームの守備の特徴を中心に振り返る。 Starting Lineup 名古屋4231に対して、FC東京が4123とボランチの枚数が違うのみの基本フォーメーションの予想。 前半 序盤の攻防 名古屋、FC東京共に似たような守備システム。攻撃が完了(失敗)した際のネガティブトランジションが早く、ボールを奪われた瞬間からボールホルダーに対してプレスをかける。結果的にボールを再奪取することも多く、いずれかのチームが連続して攻撃する流れの前半の序盤。 名古屋のネガティブトランジションの早さ 13分のシーン、NGY25前田が16マテウスとのワンツーで突破を試みるも、TOK10東にカットされる。TOKは一旦6小川にバックパスし前線への展開を図るが、NGY16マテウスがボールにプレスをかけ、縦の位置でボールを貰いに来たTOK15アダイウトンには、NGY15稲垣がしっかりマーク、NGY25前田は横パスを出させないようにパスコースをきる位置取り。結果的にTOK6小川は出しどころがなく、ファジーに前線にロングボール蹴った結果、相手ボールのスローインに。名古屋のネガティブトランジションの切り替えの早さを象徴するシーンのひとつ。 名古屋のオフェンスシステム、FC東京のディフェンスシステム NGYは2CBとボランチの1枚がトライアングルの形を作るところからビルドアップを開始し、サイドバックを積極的にオーバーラップさせるかたち。17分のこのシーンでは、中盤が右から、ボランチの稲垣、米本、左サイドバックの吉田、というかたちで右サイドバックを高い位置に配置する意図を感じる。同様のシーンが幾度か見られたため、TOKの15アダイウトンを押し込む形とし、仮にカウンターを受けたとしてもアダイウトンの攻撃力は活かしきれないかたちを狙ってのシステムということが想像される。一方のTOKは相手がボールをキープできている場面では、あまり深追いしない。相手のビルドアップの起点の2CB+1ボランチに対してはCFのオリヴェイラが1人で簡単にケアするのみで、むしろ背後やサイドのスペースを重点的にケアしている。 FC東京のオフェンスシステム、名古屋のディフェンスシステム TOKのオフェンスは前線へロングボールを蹴り、そのこぼれ球を拾ったり、相手へプレスをかけてボール奪取する形でスタートする。NGYは相手陣深いところでのフォアチェクとは裏腹に、自陣ではしっかり引いて陣形を組む。35分すぎのこのシーンでは、かたちとしては4231の守備陣形としてはよくある442だが、2トップの柿谷、シャビエル共に1.5列目くらいの低い位置なので460という言い方でもよいかもしれない。 前半まとめ 両チームともに守備への意識の高さが感じられる前半。その意識もあってか、自陣からのビルドアップがシュートシーンまでいくことはなく、両チームとも、相手陣深いところでプレスをかけてショートカウンターを狙う展開となった。名古屋は、右サイドバックを高い位置に配置し、右サイドハーフの前田とともに仕掛ける形を突破口にしている。FC東京は前線に高さ、強さのある選手を揃えていることから、ロングフィードを蹴りこんだところからのこぼれ球、あるいはプレスをかけてのショートカウンターとう狙い。一言でいえば「ショートカウンター狙い」の両チームではあるが、そのきっかけづくりには違う特徴が出ている点が興味深い。 後半 後半の入りは両チームとも前半の流れを継続。FC東京はロングフィードを前線に送り込み、名古屋はドリブラーの前田、マテウスとそれぞれのサイドのサイドバックが絡み合って攻撃を仕掛ていく展開。 名古屋、攻撃へのテコ入れ(相馬、斎藤) 57分 後半に入り、若干膠着状況となるなか、名古屋が先にカードを切る。前半から前線での激しいプレスで運動量を要求されていた、前田、シャビエルに替えて、相馬、斎藤を投入。ふたりとも、いわゆるドリブラータイプで、なおかつ日本代表経験を持つ実力者。実際、投入後継続して運動量豊富なマテウスと共に、チャンスを演出。 FC東京、攻撃へのテコ入れ(永井、安倍) 63分 名古屋の交代の約5分後、東京もカードを切る。前線へのハイボール一辺倒の攻撃が実を結ばない展開が続くなか、スピードスターの永井を投入。永井の投入で、裏抜けの動きが増えるかと思いきや、むしろ永井はボールを受けに落ちてくる動き。どちらかというと、攻撃の形に変化をつけるというより、少しインテンシティの落ちてきた最前線のプレスにテコ入れした印象。安倍の投入で、東を高い位置でプレーさせたい意図があるのかと思わせる動きを東がするが、中央を固める名古屋のプレスを嫌い安倍の位置まで落ちてしまい、サイドに展開する形に。東が相手ボランチの間で受けて前を向ければチャンスになるのだろうが、流石にスペースがなく、プレスがきつそう。 名古屋、前線に高さのある山崎投入。FC東京は前線のプレス人数を増加 FC東京はディフェンス時に、相手2CBに対して2枚、相手2ボランチに対して1枚というかたちでプレスの人数を増やす。79分のこのシーンではオリヴェイラ、アダイウトン、永井という3枚でうまくハメたように見えたが、名古屋の稲垣が上手くプレスをかいくぐり、そのまま前線にボールを運ぶことに成功する。シュート力だけでなく、繋ぎの部分でもボランチとして秀でているパフォーマンスを見せる。 フィッティがンディの、試合を終わらせるメッセージ 名古屋が攻撃の中心を担っていたマテウスに替えて、長澤を投入。これにより、中央が3ボランチの形になる。監督から「この試合は絶対に無失点でいく」というメッセージが伝わってくるかのよう。もちろん、豪華なベンチメンバーだからこそ込められるメッセージではあるけれど。 まとめ 今シーズンの名古屋は数字から、ガチガチに引いて守備を固めるチーム、という印象だったが、両サイドに配置されたドリブラーの仕掛けをきっかけとした、前線からのハイプレスはとても見応えがあったし、得点数の多いFC東京に比べ、”攻撃的”と表現すべき試合だったと思う。名古屋の失点数の少なさは、以下のポイントに集約されているような気がする。 ドリブルで攻撃しかける あわよくば、シュート、ゴールまで。 ボールロストしても、相手が100%ボール保持できていないため、高い位置から素早くプレスにいき、ショートカウンターを狙う 結果的に、相手陣内で試合を進めることができ、ロングカウンターにさえ注意していれば失点リスクは少ない ポイントは、1点目の「ドリブル攻撃を仕掛ける」選手の存在。マテウス、前田、相馬、斎藤といったあたりはリーグでも屈指のドリブラー。交代枠も活用しながら、90分間この1点目を継続できることが、結果として失点の少なさにつながっている、というのが名古屋の失点数の少なさの秘密なのではないかと思う。 FC東京に関しては、決定機がなかったわけではないが、前線へのハイボール中心の攻撃に終始し単調となったことに加え、”仕掛け”る局面が少なかった印象。逆にいうと、名古屋のディフェンス組織に空きがなかったとも言える。前半の右サイドバック中村穂高の負傷交代により、プランが崩れてしまった可能性もありそう。 ACLの日程変更に伴い、4月29日、5月4日とまさかの連戦となった首位フロンターレとの直接対決は、まさに「最強の矛VS最強の盾」といえる一戦といえそうで、今から楽しみ。 参考リソース https://www.jleague.jp/match/j1/2021/040304/live#livehttps://www.jleague.jp/en/match/j1/2021/040304/live#live

Match Review 「大きなビハインドだからこそ、”攻撃による防御”という選択をする勇気と、それを完結するクオリティを出せる選手」2021 J1 #06 北海道コンサドーレ札幌[SPP] vs ヴィッセル神戸[KBE] (Sapporo vs Kobe)

前半何もできないまま、3点のビハインドとなってしまった神戸。過密日程のなか、モチベーションの維持も難しいゲームとなったが、最終的にはそれを跳ね返す、まれに見る逆転勝利を呼び込んだ。両チームとも、どのようなシステムで望んだのか?

Match Review 「ポステコグルー体制4年目の成果。ディフェンスラインの意思統一によるゲームの支配。」2021 J1 #04 横浜Fマリノス[YFM] vs 浦和レッズ[URW]

Jリーグにおいては、中々長期政権を気づけないチームが多いが、4年目を迎えたポステコグルー体制の横浜FMがチームとしての強さを、就任したてのリカルド・ロドリゲス体制の浦和に見せつけた試合。いくつかの特徴的なシーンと共に振り返る。 明治安田生命J1リーグ 第4節 2021年3月14日(日)13:03KO日産スタジアム Lineup ■横浜FM(アンジェ ポステコグルー):4231■浦和(リカルド・ロドリゲス):4231 前半 前線からプレスに行く横浜FM 浦和は、キーバーからのビルドアップ時に、ロングフィードを蹴らずに、DFラインからしっかり組み立てる。横浜FMはそのビルドアップに対して、4枚でプレスにいく。浦和はGKいれれば、5対4で数的優位にたてるが、横浜FMの7:エウベルが、うまくパスコースを消しながらプレスすることで、浦和の1:西川はフィードを蹴らざるをえない状況に。このシーンではフィードされたボールを中盤で横浜FMが拾うことに成功。浦和としては、ビルドアップの起点と、中盤が若干距離が遠いようにも感じる。この後も度々、ビルドアップを狙われ、横浜FMにショートカウンターを許す場面が目立つ前半。飲水タイム明けの最初のプレーでは、一転ロングフィードを蹴るも結果的に、自陣ゴール前に押し込まれる形となり、2失点目を喫してしまう。2得点目以降の28分ごろから、プレスをGKまでかけるのではなく、中盤(浦和18:小泉など)とし、少しプレスのラインを下げている。 浦和の541守備 浦和は、守備時に541で自陣ゴール前をしっかり固めるかたち。横浜FMもサイドを広く使いながら崩しを試みるが、インテンシティの高い序盤では守備を崩せず。 前半まとめ リスクを負って、ハイプレスを仕掛た横浜FMに対して、浦和はそのプレスの網をかいくぐることができず、2失点。浦和は自陣深くの541の守備時においては横浜FMにチャンスを与えなかったが、一方でボール奪った際に相手ゴールまでの距離が遠いこともあり、好機をつくることができなかった。横浜FMの前線の選手の運動量が目立つ前半といえる。浦和は得点を奪うために、どのような工夫をしてくるのか?というところが後半の見どころ。 後半 高いラインでのプレスを継続する横浜FM 横浜FMは前半同様、後半開始早々高いラインからプレスを敢行。浦和は引き続きプレスに苦しむ展開。 442で攻撃の形を変更する浦和 後半メンバを交代し、442で攻める形に変更した浦和。ボールロスト時のハイプレスへの移行がスムーズになる効果も感じられる。 ハイプレスを仕掛ける浦和 浦和は後半は、引いて守るのではなく、前線高い位置からのハイプレスを敢行。しかし、最初のプレスは横浜FMにうまくかわされ、そのまま危険なシュートシーンまで許してしまった。その影響か、2回目以降のプレスはプレスに行く選手とリトリートする選手、スペースを埋めようとする選手、というように意識がずれてしまっているようにもみえた。カメラの画角で捉えていないので不明だが、下図の場面では、浦和:19金子の詰めのタイミングが遅いように写ったが、横浜FMの7:エウベルや10:マルコス・ジュニオールのポジショニングが絶妙で出ていけなかった可能性もある。 後半飲水タイム明け 両チームとも選手を交代し、下図のような布陣に。浦和は再び4231のようなかたちに戻す。浦和18:小泉がサリーダの形でCBの位置に降りてビルドアップするなどなんとか横浜FMのプレスへの対応を苦心するが、中々実を結ばない展開。 試合の分かれ目 最後まで横浜FMのハイプレスへの対策ができなかった浦和。前半に横浜FMの5:ティーラトンが負傷退場するというアクシデントも、むしろ「それでも揺るがなかった」チームコンセプトの浸透度の高さが際立った。浦和も後半、ハイプレスをしかけるシーンもあったが、ボールの追い方、タイミング、場所といったところのチームとしての意思統一がまだできていないような印象もあった。一方、横浜FMでは新加入の7:エウベルがゴールシーンにこそ直接絡まないが、オフ・ザ・ボールでのダイアゴナルランであったり、パスコースを消しながらプレスにいくところなど、はやくもチームに適用できるクオリティの高い選手であることを印象づけた。浦和は敗戦とはなったが、特に後半はいくつか状況打開のためにチャレンジをするなど、チームとしてこれから引き出しを増やしていく局面なのだろう。 横浜FM 浦和3 – 0 3′前田 大然26′前田 大然55′小池 龍太 https://www.jleague.jp/match/j1/2021/031401/live/

Match Preview 2021 J1 #03 浦和レッズ [URW]vs 横浜FC[YFC]

みどころ 未だ勝利のない両チーム。なんとか勝利を掴んで浮上のきっかけを作りたいところ。なお、スプリントや、走行距離に関しては対称的な両チーム。この傾向をチームカラーとみるか、改善点とみるかというところも注目したい。 チーム平均走行距離 8位:横浜FC14位:浦和レッズ チーム平均スプリント回数 5位:浦和レッズ 16位:横浜FC(小川は試合別スプリントでリーグ全体で4位、9位を記録) https://www.jleague.jp/stats/ 浦和レッズ 前節からの流れ 前節は、アタッキングサードまではボールを運べるものの、その先、フィニッシュに至るところで手詰まりしているようなところも見受けられた。新監督を迎えたシーズンというところで、まだ時間がかかるのかもしれない。 浦和は5レーンを広く使えるか?がポイント 浦和は攻撃力のある両SBを高い位置に配置できるかがポイントになりそう。ボランチのサリーダで3バックでビルドアップできる形ができれば、横浜FCのマギーニョの上がりも抑制でき、押し込む展開にできそう。前線での5レーンを広く使えるか 横浜FC 前節からの流れ ルヴァンカップでの勝利を挟んで迎えた前節は開幕節からメンバーを大きく入れ替えて臨みながら、ディフェンスラインに少し不安定さを感じさせた。とはいえ、後半は無失点で切り抜け、開幕節の大量失点の状況からは徐々に改善されているともいえる。前節では後半終了間際に同点ゴールと思われたシーンがVARで取り消されるなど不運なところも。 横浜FCは、右サイドから、中央のクレーベという形をどれだけ出せるか?がポイント CFクレーベの高さ強さはJ1でも十分通用するレベルのはず。小川のスプリント、運動量に後押しされ、RSBマギーニョがセオリーの4バック裏のスペースをつくことができ、質の高いクロスを上げることができれば、クレーベのシュート。あるいは、セカンドボールを中盤で奪っての二次攻撃という展開にできるはず。 まとめ 過密日程のなかで、結果としては悪い流れで序盤を戦うことになっている両チーム。この一戦でまずはその流れを断ち切りたい。 明治安田生命J1リーグ 第3節2021年3月10日(水)18:00KO埼玉スタジアム2002 jleague.jp