GCP Cloud Functions チュートリアル 解説

本記事では、 GCP Cloud Functions チュートリアル を実際に進めていきながら、初心者の方でもわかりやすいように、公式 サイト での説明が少し不足している部分などを中心に補足しながら、実際に進めていきます。なお、以前ご紹介したとおり、 Google が提供する Serverless Computing には、以下の2種類が存在します。

  • サーバサイド に フォーカス した、 GCP Cloud Functions
  • モバイルデバイス に フォーカス した、 Cloud Functions of Firebase

今回の一連の投稿では、「 サーバサイド に フォーカス した、 GCP Cloud Functions 」の実装を、 チュートリアル の内容に沿って進めていきます。なお、関数の記述には Python を使うことにします。

なお、公式サイト上は「 クイックスタート 」や「 入門ガイド 」といった表現が使われていますが、本ブログではすべて「 チュートリアル 」として表現させていただきます。


チュートリアル サイト

https://cloud.google.com/functions/docs/quickstarts?hl=ja

シリーズ 記事一覧

チュートリアル概要
事前準備(1)プロジェクト作成、課金有効化
事前準備(2)API 有効化、その他(認証情報について)
PythonクイックスタートPythonで記載した簡単な関数をデプロイする。
事前準備として、プロジェクト の作成、課金の有効化、 API の有効化が必要。
最初の関数: PythonPython クイックスタート が GCP 上で全て完結していたのに対し、こちらは、 ローカル の開発環境で、 Cloud SDK を用いて Cloud Functions を開発する チュートリアル になっています
チュートリアル一覧