Vue3 + TypeScript 開発環境で 環境変数 を利用する方法 (.env ファイル)

Vue.js アプリケーション を開発するにあたり、 パスワード や API Key といった 慎重に取り扱うべき データ を用いる局面が多々あります。 本記事では Vue3 + TypeScript + Vite 環境 で 環境変数 を用いることで この問題に対処する方法を紹介していきます。

Vue3 + TypeScript プロジェクト から Firestore に接続する サンプル

Vue3 + TypeScript プロジェクト で Firebase の リアルタイム DB である Firestore に アクセス して データ を取得する サンプル を紹介します。 本記事では、事前に Firestore に格納しておいた データ を Vue アプリケーション で表示してみようと思います。 なお、 今回は例として、開発環境で実装していきます。

Vue3 + TypeScript で Mapbox GL JS を使って マップ を表示する サンプル

Vue3 + TypeScript で Mapbox の マップ を表示する サンプル を紹介します。 create-vue で作成した プロジェクト に Mapbox の 公式 JavaScript クライアント ライブラリである Mapbox GL JS を組み入れることで 簡単に マップ を実装することができます。 一方で Vue3 + TypeScript 環境向けの サンプル はあまり見受けられません。 多少 コツ のようなものも必要でしたので、 本記事で合わせて紹介していきます。

[ Vue3 + TypeScript ] 子コンポーネント で実装した ドロップダウン で選択した内容を リアクティブ に 親コンポーネント と 連携する方法

本記事では 通常 ツリー 構造となる コンポーネント の 「親 コンポーネント から 子 コンポーネント」、 「子 コンポーネント から 親 コンポーネント」 のそれぞれについて リアクティブ な データ のやりとりを TypeScript で実現する方法について ドロップボックス (Select) を例に用いて 整理していきます。